トピックス一覧

野球ひじなら秋川駅前鍼灸整骨院で!!

2015/12/23

こんにちは。秋川駅前鍼灸整骨院です。

本日は野球ひじについて記載していきたいと思います。
野球ひじって名前は男性の方でしたらおそらく一度は聞いたことがあるのではないかと思います。

野球ひじとは野球によって生じたひじ関節の痛みや運動時痛、その他の障害をすべてひっくるめていいます。
小学生やまだ筋肉が発達していない状態での野球ひじはひじ周りに炎症が伴って関節の周りにある軟骨が炎症を起こしてしまっているものが多く、大人や体がある程度発達した状態で起きる野球ひじは靭帯の損傷や筋肉・腱・それと関節周りにある袋状の関節包の炎症によって起きるものが多く、ひじ周りの柔らかいところの炎症で痛みや運動時痛、その他の障害が伴ってしまうものがほとんどです。よって、野球ひじはその年代によって症状をしっかり把握しないと間違った治療法で治療することになります。

さて、実はこの野球ひじですが小学生やまだ筋肉が発達していない時期に起きたものに関しては放置されることが多くあります。それによって体が痛めたまま成長するので最悪の場合はひじが変形してしまい、関節が本来の働きをしてくれなくなってしまいます。それでは日常生活自体も困難になってしましますので気を付けてください。

さてさて、野球ひじになってしまう原因をここまで記載していきましたが、続いて野球ひじになってしまうとどうなってしまうのかも記載していきたいと思います。

症状としては当然ですが、野球時の痛みや運動時痛、その他の機能障害が現れます。特にひじを外側に伸ばすようにすると痛みが強くなったり、球を投げる瞬間の痛みがひじ後面に現れることがあります。その結果、炎症はもちろん、ひじ周りの軟骨や靭帯、筋肉だけでなく、神経も傷をつけてしまうことがあります。また、最悪の場合は関節軟骨に負荷がかかり、軟骨が大きくずれてしまったり、外れてしまうと激痛が走り、生活が困難どころの話ではなくなります。
では、そうなる前にどうやって直していくか・・・。

それは当院でご相談ください!!

悩まれている方、当鍼灸整骨院(接骨院)に一度ご相談ください!

東京、埼玉を中心に整骨院を運営しております

悩みをなんとかしたい方、早く治したい方、当整骨院(接骨院)に、お気軽にご相談ください!

痛みのないやさしい手技施術で正しい姿勢を作り出します

悩まれている方、当整骨院(接骨院)に一度ご相談ください!

平日は夜8時まで受付!
あなたの不調・痛みを軽減いたします。平日は夜8時まで受付!

腰痛をはじめ、様々な不調・痛み・しびれ・負傷に対して国家資格者が確かな技術で安心・丁寧に施術にあたります!

各種健康保険適用・交通事故後の施術や姿勢矯正などの整体メニューまでお任せください!

受付時間
午前9:00~12:30
(※祝日:午前9:00~15:00)
午後15:00~20:00 ×

■休診日:日曜日

水曜日9:00~12:30まで祝日とかぶった場合は祝日時間

お問い合わせ・ご予約は 042-533-3560
住所
〒197-0804 東京都あきる野市秋川1-5-1
休診日
日曜日
診察時間
午前9:00~12:30/午後15:00~20:00(水:午前9:00~12:30/祝日:午前9:00~15:00/午後休診)
TOP