無限の可能性

HOME » 無限の可能性
可能性

過去を生かし未来に紡ぐ…「今日」という可能性に満ちた日

これまでの自分~過去~とこれからの自分~未来~

過去は変えられず、未来は確定していない…だからこそ、今日この日が過去の自分の集大成であり未来の自分の可能性となる。

昔はこうだった、将来はこうなりたい。それらを結び紡ぐ今日という可能性を一緒に見てみませんか?

先輩スタッフからのメッセージ

先輩スタッフからのメッセージ









■ いなげや院長宮下先生

みなさん、こんにちは。
私たにあい整骨院いなげや院所属、院長の宮下直幸です。
簡単ではありますが全体の代表ということで私の紹介と、たにあいグループの紹介をさせていただきます。

私宮下は、日本工学院八王子専門学校柔道整復科を卒業し、柔道整復師として一人でも多くの患者様の笑顔を増やすことを目指し日々治療を行っています。
入社当初から私は開業をし自分の院を持ちたいという話をしました。
経営者としてはいきなり開業したいというと、院から離れられるとわかっている人間は受け入れてくれないところもあると思います。
しかし、たにあいグループは快く受け入れてくれ開業するための応援をたくさんしてくれます。
夢実現のためにチャレンジの場をたくさん与えてくれることで自分自身の成長、そして技術の向上ができまるグループだと思います。
そのチャレンジの一つとして、柔道整復師としては少し抵抗のある自費型の接骨院をコンセプトに痛みの原因を追求して治療をしていくことを行っています。
ルールに厳しく!きついことも言われてしまうこともあります。
本当に厳しいです。
ですが、それは自分を育て甘えをなくすためです。
きっとどの接骨院に行っても厳しくて嫌なこともあると思いますが当グループのスタッフは皆とても優しく、楽しく仕事を行うことができるはずです!
私のように
将来大きな夢を叶えたい
患者さんの為に全力で治療をしたいという方は是非当グループにいらしてください。
必ず知らない間に自分自身を高め、成長していけます。
一緒に夢を叶える為に頑張りませんか?
スタッフ皆で優しい顔してお待ちしています。
先輩スタッフからのメッセージ


■ 秋川鍼灸師島﨑先生

私がこの職に就こうと思ったのかと言うと、人にありがとうを直接言って貰える仕事に就きたいと思ったからです。

前職はシステムエンジニアとしてPCに向かう毎日で正直辛い毎日でした。そんな中、たまたま深夜のテレビ番組で離れ小島に鍼灸・マッサージを学ぶ学生を送り、其処に住む御高齢の方達に施術を行って元気になってもらおうという企画が流れていました。その番組で施術を受けたおばあさんが涙を流しながらお礼を言っている場面がとても印象に残り、この業界に進もうと決意しました。今思うととても単純だったと思います。
 鍼灸を選んだのはまだ不鮮明ゆえ多くの可能性を秘めているこの治療法で難病に悩む患者さんを治して生きたいと思ったからです。今もその思いは変わりませんが、もう1つ、鍼灸の統一化を図りたいと思っています。

例えば腕の良い鍼灸師の治療を受けるのに何ヶ月も待たなければならないという事もあって自分の希望とする治療が受けれないと言うことを良く耳にします。私はそうした治療したいのに治療が受けられないということをなくすため、誰がやってもある一定の効果がでるような鍼灸治療を作りたいと思っています。その上で今いるたにあいグループは私の考えをよく理解しようとしてくれて鍼灸師としてはとても働きやすい環境なのではないかと思っています。厳しいこと・辛いことの多い業界・職場ではありますが、患者さんの笑顔のために頑張って生きたいと思ってます。
先輩スタッフからのメッセージ













■ 高萩新院長山下先生

今年の4月から、たにあいグループに入社した山下です。
私がこの道に進もうと思ったきっかけは、昔通っていた整骨院の影響が大きいと思います。

私は幼い頃からずっとサッカーをしていました。ゴールキーパーというポジションについているということもあり、足首の捻挫や太ももの肉離れ、腰椎分離症など怪我が多く、昔は常に接骨にお世話になっていました。ほとんど毎日が部活だったため診療時間ギリギリに行くことが多かったのですが、いつも明るく対応してくださり、元気や笑顔を頂きました。いつしか私もそういった怪我の治療や痛みの治療はもちろん、多くの人達とコミュニケーションとり元気にしたい、笑顔にしたいと思いこの道を選びました。今は私のほうが患者様の方から元気や笑顔をいただいてばかりですが、これを倍返しできるように頑張りたいと思います。

このグループに入社してからまだまもないですがたくさん色んな事を経験させていただきました。学校では習わないようなことばかりで常に勉強の毎日です。こんなことを言っていいのか分かりませんが私は勉強が大嫌いです。でも今はものすごく好奇心と勉強をする楽しさに満ちあふれています。実際に患者さんに入らせていだだき、治療の仕方やコミュニケーションの難しさを実感しました。何度も失敗をし迷惑をかけてしまいました。でもこのグループはその失敗をどう改善し次に繋げていくかを考えていくグループです。沢山課題を突きつけられることもあったり、時には厳しいことを言われたりもしますが、私はそういったことがないと上には上がっていけないと思います。常日頃から切磋琢磨し考えていくことをやめないでいけばそれはおのずと自分のスキルアップにも繋がってきます。

7月から私は高萩院の院長をやらせていただけることになりました。正直お話をいただいたときは、不安でいっぱいでした。チャンスでもありピンチでもあるとおもいました。ですが一歩踏み出さないとそこから何も変わらない、自分で何かアクションを起こさなければそのまんまだと思い、院長をやらせていただきました。こういったことが起こらないのが一番ですが、もしも今後患者様には迷惑をかけてしまうことが多々あるかもしれません。不安や疑問も出てくるかもしれませんが、早急に改善できるよう努力していきます。考えて改善し次のことを考えます。どんな逆境にも負けないような治療家になっていけるよう、前に進むことをやめず、日々上を目指して行きたいと思います。
これからもグループ一丸となって切磋琢磨し頑張っていきたいと思います。



とあるスタッフの一日